top of page
こうの えみ 初個展
-森の扉のむこう側-2024/4/11(木)~4/29(月)​11:00~18:00(最終日16:00)
​休廊日:火、水曜日

作家在廊日:月、木、​土
日曜

1F

こうの えみ 初個展
-森の扉のむこう側-2024/4/11(木)~4/29(月)​11:00~18:00(最終日16:00)​
休廊日:火、水曜日

作家在廊日:月、木、​土
日曜

2F

manantial背景なし.png

お問い合わせ:ギャラリーいまじん
Tel:058-265-6790
「観覧車」
8cm(奥)×28cm(横)×32cm(高)ワイヤー、木 2024年
ギャラリーいまじん展示風景の一部です
えみさんの笑顔に癒やされる日々です
​「どうぞえみさんに会いに来てください~」
去年末、トルコのカッパドキアに行かれて観た遺跡に感動して制作した大小の作品。星空もイメージして吊しました
​カッパドキアをイメージして流木で作った立体作品
​カッパドキアを絵画で表現した作品
「宵の記憶」
3.5(奥)×23(横)×31.5cm(高)(額込) オイルパステル画、コラージュ
​~著作権について~
法令に基づき、作品の著作権を侵害する行為、
※​​作品画像の転用・転載を固く禁じます
​ギャラリーいまじん展示風景の一部
​ギャラリーいまじん外観

 

こうの えみ 初個展

-森の扉のむこう側-開催について

 こうのえみさんとの出会いは、2022年12月にギャラリーマナンティアル(いまじん2階)での個展開催からでした。個展のお申し込みと打ち合わせをする際、えみさんから乳癌の手術を受けて2年目で、現在も治療を続けながら作品制作をしていることを明かされました。その時のお気持ちがどれだけ辛かったかは計り知れません。作家はいつも笑顔でおっとりとして、控えめですが「個展がしたいんです!」と決意を込めて言われました。真剣な思いを受け止め、精一杯サポートしようと思いました。5日間の個展は、終始お客様で賑わい大盛況の内、幕を閉じました。

 一年半後の今展では、素材そのものを生かして造形した立体作品と初発表の絵画90点を展示。

作家から、昨年末にトルコへ旅行したとき、「早朝の暗い内から気球に乗り、360度カッパドキアを見渡して、朝日が昇った瞬間の美しい景色に言葉を失うほど感動しました!!!」と聞きました。流木を用いた新作の立体、オイルパステルなどを使い描いた絵画が、その時の感動を運んでくるようで幸せと温かさを感じます。

 テーマの「-森の扉のむこう側-」は、作家が幼い頃に夢で森の中で見た木の扉を開けようとしたら目が覚めてしまい、夢の続きを想像して作品に表現しています。終始笑顔のえみさんが、子育てを経て、病気と闘いながら自分のために大切な作品制作と個展を実現させました。

 この機会に、えみさんの夢の続きの優しい世界に触れてみませんか?

皆様のご来廊お待ちしております。

​        2024年4月 吉日

  ギャラリーいまじん  宇佐美直子

-語るべき物語り-
林リウイチ展2024.5.2(金)​19(日)
11:00~18:00(最終日16:00)
作家在廊日
:5/2, /4, /6, /12, /18, /19

初個展から12年、今展では全てが新作の陶彫、アクリルで彩色ボールペン画、カイトピア、紙皿アート、商店街のおばけ(デジタルペイント)、器、など約100点展示いたしました 

1F

-語るべき物語り-
林リウイチ展2024.5.2(金)​19(日)
11:00~18:00(最終日16:00)
作家在廊日:5/2, /4, /6, /12, /18, /19

2F

manantial背景なし.png

松波 康子 個展
-不思議な猫の森
時をかさねて
2024/5/16(木)~5/20(月)​
11:00~18:00(最終日16:00)

お問い合わせ:ギャラリーいまじん
Tel:058-265-6790
「-語るべき物語り-林リウイチ展 」展示風景の一部
 絵画・陶彫・デジタル作品、全てが新作です!
ボールペン画「ドラゴン」ボールペン、アクリル、パネルに紙 1030×723×30㎜
「小品猫1~7」 テラコッタに油彩 猫たちはのびのびとしています~
2024.5 林リウイチ展 紙皿アート.jpg
​新作の紙皿アート:円い窓の向こうに広がる世界は...
 
「境界を歩く人」テラコッタに油彩 260x60㎜ 
​「舟・人・獅子」 テラコッタに油彩  280x130x180㎜
​~著作権について~
法令に基づき、作品の著作権を侵害する行為、
※​​作品画像の転用・転載を固く禁じます

 

-語るべき物語り-

林 リウイチ展 開催について

 

 12年前、ギャラリーいまじんにて林隆一初個展を開催。ステインによるセピア色の背景に、ダークファンタジーな雰囲気漂うボールペン画とコラージュを合わせた大作から始まりました。

 そして今展の「-語るべき物語り-林リウイチ 展」は、全てが新作で作風も大きく変化しました。

立体はテラコッタに油絵具を彩色した技法で、木彫のような色合いや作陶する時の指跡をあえて残し、荒々しい表面に仕上げています。

平面は、これまでのコーヒーとボールペンによる深みのある重厚な色合いにコラージュを合わせた作風から、今回はアクリルにボールペンとコラージュという技法で、ネオンカラーを取り入れ、色が際立つ絵画になりました。作品をご覧になり妄想の世界に浸り、観た人が自由に物語りを想像して、楽しんでいただければと思います。

その他、紙皿アート作品や、SNSで評判のデジタル作品「商店街のお化け」シリーズも今展で初めて発表いたします。

 この機会にぜひ、ご来廊とご高覧いただければ幸いです。

  令和6年5月吉日

      宇佐美直子

松波 康子 個展
-不思議な猫の森
時をかさねて

2024/5/16(木)~5/20(月)​
11:00~18:00(最終日16:00)

​◇クリックしてご覧ください

◇ご あ い さ つ

「猫と毛糸」を創作のテーマと素材にして10年以上が経ちます

その後「不思議な森」という空想の世界も追加されました

この森は、私の体の中にあるのだと感じます

妄想の中で広がる森と、増えていく不思議な猫たち

私の身体が存在する限り創作する事は終わらないでしょう

 

マナンティアルでの個展は2年半ぶり、2回目となります

この世界観の中に入った皆様が、ほんのひと時でも

心をゆるめて楽しんでくださることを願って

 

令和6年5月 松波康子

 

 

 

◇作 家 略 歴

 

1959年8月  岐阜県岐阜市生まれ 現在岐阜市在住

2016年より  3年間程、各種イベント、マーケット出店を経て

         徐々に展示会を中心に活動

2017年11月 名古屋ギャラリーカフェテオ 三人展「煌きの世界」

2018年10月 やながせ倉庫ビッカフェ「深い森と猫の妖精たち」

2020年3月  カフェcache cache 二人展「白の世界(光と影)」

2021年3月  雑貨フラマン 黄色の小部屋「不思議な猫の森」

 

     10月 ギャラリーいまじん2階マナンティアル

                    個展「松波康子あみぐるみ展」

     11月 喫茶ギャラリームース 二人展「2つの森の物語」

2023年4月 風のいえ 個展 「不思議な猫の森~あれから~」

                ※ 本格的に絵の展示も開始

bottom of page