「Diary 2021」
平 野 え り 展
2021/7/3(Sat)~7/18(Sun)

火・水休廊・11:00-18:00

 

being '21-1 鉛筆、色鉛筆、木炭、コンテ、紙、パネル
「being '21-1」 鉛筆、色鉛筆、木炭、コンテ、紙、パネル

​☆只今、HP更新中☆

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
いまじん新ロゴ(新).jpg

​1F

manantialロゴ[609]1.jpg

​2F

 - 7月の休廊日 ー
​会期中:火曜日・水曜日

8月は夏期休廊致します
 
Hana -絆- 油彩、新和金箔、銀箔、アルミ箔

Hana -絆- 油彩、新和金箔、銀箔、アルミ箔

ドゥオモ(フィレンツェ 油彩、新和金箔、銀箔、アルミ箔)
珈琲タイム 油彩、新和金箔、銀箔、アルミ箔
珈琲タイム 油彩、新和金箔、銀箔、アルミ箔
 

「波紋~空紋 空間表現 村上典子展」開催について

 5年振り3回目の村上典子の個展を、2021年6月3日(木)~20日(日)迄、ギャラリーいまじん にて開催致します。

 2012年8月に初個展開催致しました。壁面全体を美濃和紙で覆い、天井から吊り下げられた無数の楮の繊維は、床面の作品と呼応しています。

自然光が、時間とともに空間表現を変化させ、幻想的な風景を作り出しました。

 2016年2月に2回目の個展を開催しました。ギャラリー内に、まるで蝶々が乱舞するような空間表現になりました。フリーアナウンサーの浅井彰子さんが、美濃和紙のインスタレーションに合わせて「花さき山」と「あんず林のどろぼう」の絵本を朗読してくださいました。

ため息が出るほど美しいコラボレーションで、お越しになったお客様から惜しみない拍手が送られました。「村上の空間表現=ギャラリー全体の空間が一つの作品になります」

 最後に本展では、驚くほど繊細な花形や涙型のパーツを何百も繋いで、光を取り入れ設営します。作家の内側にある想い「波紋~空紋」を本美濃紙(ユネスコの無形文化遺産登録)と典具帖紙を用いて表現しています。

 先の見えないコロナ禍の中、このような状況下で、アートがどれくらい「重要」なのかを再確認しているところです。様々なお考えがございますが、現場に立ってお客様をお迎えする私自身が、アートで心を癒され、元気、勇気、希望が得られます。

 ギャラリーいまじんでは、これまで通り感染予防対策をとり、企画展を開催する所存でございます。「どうぞ、ご無理のない範囲でお越しいただければ幸いです」

「being '21-3 」鉛筆、色鉛筆、木炭、コンテ、紙、パネル