ギャラリーいまじん2F

~不思議な猫の森~
松波康子あみぐるみ展
​10/21(木)~10/25(月)
11:00~18:00

ご  挨  拶

 

こんにちは 猫の編みぐるみ作家 松波康子と申します。

幼い頃からいつも傍らに編み物をする母の姿がありました。

母に影響を受け編み棒と毛糸を手にしてから、編むという手仕事から

離れてしまう事はありませんでした。

やがて40代に入り初めて猫と暮らすことになり、これがきっかけで

猫のあみぐるみを作るという方向が決まったのです。

時には相棒として、また師匠のような猫に導かれながら歩んでまいりました。

現在、2代目の黒猫と共に空想の不思議な猫の森を創り続けています。

どうぞ皆様も森の中へ迷い込んでくださいませ。

             

                           令和3年10月    松波康子

 

 

 

作 家 略 歴 ◇

 

1959年8月  岐阜県岐阜市生まれ  現在岐阜市在住

         子どもの頃、母から教わり編み物を始める

2003年5月  手あみ講師資格取得

2016年8月  敷島珈琲店本店「キャンドルとねこと二人展」

    9月  アクティブG GIFUクラフトフェア

   12月  ポートメッセなごや「クリエイターズマーケット」

       メディアコスモス「ぎふクリスマスマーケット2016」

        年4回の岐阜八幡神社「小さなクラフト展」

2017年11月   名古屋 ギャラリーカフェテオ 3人展「煌きの世界」

2018年10月  柳ケ瀬倉庫ビッカフェ 初個展「深い森と猫の妖精たち」

2019年12月  アクティブG「クリスマスマーケット」

2020年 3月  カフェcache-cache 二人展「白の世界(光と影)」

          11月  大垣 ミドリバシカフェ 1day「ねこまみれカフェの日」

2021年  3月  雑貨・フェアトレードフラマンの黄色の小部屋で展示会

 

~現在自宅の1部屋を「アトリエサロン猫の森」として製作中~