本荘正彦 木版画展
9月13 日(月)~25日(土)​
​※9月18日(土)作家が在廊いたします

​火・水曜日休廊
11:00-18:00
​​※作品をクリックしてください

青の回遊
六月の詩(うた)
楽園の休日
錦秋紅葉(きんしゅうもみじ)
ルドベキア
なごり雪38×23cm 越前手漉き和紙に水彩(ガッシュ)

ご あ い さ つ♦

 

5年ぶりとなります。

再び皆さまに作品をご高覧いただけることになりました。

 

木版画は一色ごとに版を刷り重ねていく技法で、絵を描くための技法としてはとても不自由なやり方です。

しかし、完成した作品には木版画ならではの魅力を感じることができます。和紙の上に摺られた実際の作品から、是非その質感を感じていただきたいと思います。

 

私は「花を描く」と云うよりは、そのたたずまい・空間、そして「想い」のようなものがそこに現れるように願いながら制作しています。

けれど完成した作品は作家の意志から離れ、観る人へ様々な物語を伝えるようです。ご高覧いただく皆さまの想い出と作品が共感できれば幸いと思います。

そしてその機会を与えていただいたギャラリーいまじんに感謝いたします。

            令和3年9月 吉日     本荘正彦

♦本荘 正彦(ほんじょう まさひこ)略歴♦

 

1963年 神戸市生まれ 現在は京都市に在住

1985年より 故 井堂雅夫に師事

2000〜2014年 版画KYOTO展実行委員会

2009〜2014年 日本版画協会準会員

2010〜2014年 兵庫県立美術館 美術講座・木版画講師

2012〜2016年 あとりえ05(まるご)主宰

 

2004〜 NHK文化センター京都教室 木版画講師

2004〜 京都新聞文化センター 木版画講師

2015〜 神戸新聞文化センター 木版画講師

2019〜 近鉄文化サロン橿原 木版画講師

 

 

2004年 画文集「次の日曜日が来るまえに」出版

2007年 「花ぐらし」(家の光協会出版)創刊号から1年間掲載

唯川恵の小説「彼の隣の席」「孤独で優しい夜」文庫本(集英社出版)装丁に。

 

日本版画協会展、版画京都国際交流展をはじめ、

花の美術大賞展、CWAJ展、京展、山本鼎版画大賞展、

東京ミニプリントトリエンナーレ、マレーシア国際現代版画展などに出品

毎年、関西を中心に東海・関東・東北地方などでも個展多数

 

【ホームページ】 http://marugo05.web.fc2.com/